公認会計士としてあらた監査法人に採用されよう【情報収集が大切】

婦人
  1. ホーム
  2. 飲食サービス業で働く

飲食サービス業で働く

レストラン

働きながらマナーを習得

レストランでのアルバイトは、大きく分けて接客担当と厨房担当の2種類があります。接客担当とは、いわゆるウエイター・ウエイトレスの仕事です。入店した客をテーブルに案内したり、注文を受けたり、でき上がった料理を運んだりするのが主な仕事です。立ち仕事が多いため、シフトを組みながら交代制で業務に従事するのが一般的です。一方の厨房担当は、皿洗いや掃除などがメインとなります。調理そのものは専門の料理人が行うため、バイトが携わることはほとんどありません。ただ、小規模なレストランではつけ合わせの野菜をカットするなどの補助的な仕事をバイトに行わせることもあります。レストランは接客サービスの代表格とも言える業種であり、お客さんに快適な時間を過ごしてもらえるよう、たとえバイトであっても接客スキルをみっちり仕込まれます。店によっては、かなり厳しいトレーニングを受けることもあります。しかしその分、言葉遣いから身だしなみ、お辞儀の角度に至るまで、社会人として必要なマナーを身につけるまたとない機会となります。一方、厨房にあっては、一般家庭ではあまり見ることのない食材や調理法などに触れるチャンスがあります。料理に興味のある人にとっては、非常に勉強になります。また、厨房ではスタッフが手分けをしながら仕事を進めていくので、チームワークが自然と身につきます。さらに、実際にレストランで働いた人の中で評判なのが、いわゆる賄い飯です。給料をもらいながらプロの料理人が作る料理を食べられるのは大きな魅力です。